丼物グルメブログ

日本にある、お米とおかずのおいしい融合、丼物、について、おいしい各種メニューをご紹介していくブログです。

卵フワフワオムレツ丼

こんばんは、こうちゃんです。

本日は、卵がフワトロでおいしく、ごはんとも相性のよいオムレツ丼のご紹介です。

見た目もよく、味も日本人好みの卵のうまみでごはんが進む素敵丼ですが、
作り方はいたってシンプルで、丼に、別途作ったオムレツを乗せるだけです。

オムレツは、ひたすら卵味で楽しむためにプレーン(具なし)でもよいですし、具をしっかり入れても可。
卵味があればごはんがいくらでも進むよ、という方でしたら、具無しのプレーンオムレツにして、ケチャップやソースをかけてごはんをかっこんでも美味ですし、
きちんとしたおかず的に考えるのでしたら、肉中心のおかずになるような具材を入れて、ごはんのおかずとして作ったオムレツを丼に乗せてこのオムレツ丼を作ってもよいかと思います。

一人前ずつにオムレツを作っていくのでは、少々手間と、卵の消費が激しいですが、
もしもご家庭で卵があふれかえるような事態でもありましたらどうぞ作ってみてください。

洋食の料理のオムレツですが、味付け、具材次第で、
意外とごはんが進み、よい丼ものになりますので。

こうちゃん

庶民の味方たぬき丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回はえらい庶民派どんぶりの、たぬき丼のご紹介です。

たぬき丼とは、ごはんの上に、たぬき(天かす、揚げ玉)を乗せたものになります。
けしてたぬき肉が乗っているわけではありません。

天ぷらついでにタダ同然で生まれる天かす、
それだけを買っても激安、
そんな食材で作れる、お手軽激安たぬき丼です。

ごはんに乗せた後は、天丼のように、天つゆをかけて楽しむもよし、
シンプルに麺つゆやだしつゆなどをかけて楽しむもよし、です。

ちょっとひと工夫するところでは、カツ丼のように、
揚げ玉を玉ねぎなどとつゆで煮て、卵で閉じる、という、
少々豪華な造りをすることもあります。
と言っても肉などを使わない分、十分激安丼ですが。

家庭でも手軽に作れますので、メニューなどにお困りの際にはぜひどうぞ☆

こちら、紹介動画も貼っておきます。



こうちゃん

餃子丼・餃子の中身丼

こんばんは、こうちゃんです。

日本人にもラーメンと並んで高い人気のある中華料理のひとつ、
餃子を具にしたステキな丼物、餃子丼というものがあります。

ごはんを盛ったどんぶりに、シンプルに焼いた餃子を乗せるというものです。
中国では餃子は主食の内に考えられてますが、おかずとして食べる日本ならではの丼物ですね。

さらに発展として、餃子を作って包む手間を削減するため、
ひき肉、ニラ、白菜、ネギなどを練り合わせて、
皮で包まず、そのまま焼いてごはんに乗せて食べる、

餃子の中身丼

というものも最近は登場しております。
こちら、ほぼひき肉炒めごはんじゃん、というツッコミが入りそうなメニューですが、
内容物が、例えば豚ひき肉、白菜、ニラ、玉ねぎ、など、ミンチにして練り合わせたら、ほぼ完全に餃子の具なことから、餃子の中身丼と呼ぶとしっくりくると言われているおもしろいメニューです。

なお、えび餃子や、鮭餃子、のように肉以外に魚介類を使った餃子も定番、人気なことから、
もちろん丼ものにそういった魚介餃子を使うこともあり、風味がガラッと変わり、こちらも人気です。

こうちゃん

さざえを使ったうま過ぎ丼物江ノ島丼

こんばんは、こうちゃんです。

丼物の中でも、高級海産物のひとつ、さざえを用いた絶品食のひとつ、
江ノ島丼
のご紹介です。
江ノ島丼とは、名前だけでは知らない人にはイメージがわきづらいですが、
さざえのむき身を大量に乗せた丼物です。

たいていは甘めのダシで炊いたサザエの身を玉ねぎなどの野菜と一緒に卵でとじてごはんに乗せるもので、親子丼の鶏肉部分がさざえの身に代わったような丼物です。
うまさのたまらない貝類の代表格なさざえを用いていて、
うまさも秀逸ですが、ある程度高価な食材ですので、
よく獲れる海辺、特に名前の由来にもなっている、江ノ島近辺などでの名産品です。

都会ではなかなか目にすることはありませんが、
さざえも漁獲される地域でしたらそれなりにお手頃価格で手に入りますので、
湘南地域から伊豆半島にかけての海辺などでは人気の丼もののひとつです。

そういった海辺に訪れた際などにはぜひ食べてみたい逸品です。
また、自作すれば割と安く作れますので、スーパーなどでさざえを買ってきて自作するのもひとつの手かもしれませんね。

こうちゃん

おいしい鶏肉どんぶりの親子丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、鶏肉と卵を使った定番丼ものでありながら、絶品で、
今も昔も愛される親子丼をご紹介。

親子丼(おやこどんぶり、おやこどん、英語:Chicken and Egg Bowl)は、割下などで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、白飯の上に乗せた丼物の一種である。「親子」という名称は鶏の肉と卵を使うことに由来する。
ネギやタマネギなどと共に煮て、彩りとしてミツバやグリーンピース、刻み海苔などを飾ることが多い。

鶏肉と鶏卵以外を材料とする丼の中にも「親子丼」と称する料理がある。

250px-Oyakodon_003


割り下のうまさや半熟でトロトロの卵が鶏肉とからむとたまりませんよね。
家庭で自家製の工夫で作るもよし、お店のおいしい技を楽しむもよし、ですよね。
材料も安価で作れるのがうれしいです。

食材にこだわりぬいた高級親子丼がお店などで売られていたり、
安価なお肉と卵で家庭で作られていたり、
なかなかおもしろいメニューのひとつです。

こうちゃん

シンプルで自炊の味方ちくわ丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、和食の丼ものですが、ちょっと世間でも知名度の低い、
やや特殊丼もののご紹介です。

ちくわ丼

聞くと、まあちくわとごはんの丼なのだろう、とはなるでしょうけど、
実際には、お店で出ていることはまずないですし、家庭でよく作る、なんてところもないですよね。

さて、この奇妙?なちくわ丼、家族で暮らす家ではなかなか見られませんが、
時折一人暮らしの自炊に登場したりしています。

作り方は至ってシンプルで、味付けをしたちくわをごはんを盛った丼に乗せる、
ただそれだけです。
ただ、内容の方には色々と工夫もできて、
単純に熱々ごはんの上にちくわを乗せて、ネギなどの薬味などを乗せつつ、
何かだしつゆやタレをかけるものや、
ちょっと豪華にいくならば、香ばしいちくわの揚げ物の、
磯部揚げにして、軽く天丼風にする、なんてのもひとつの手です。
材料としては格安でできますので、
ちょっとした貧乏メシとしても工夫して楽しめてよい丼もののひとつです。

なお、そんなちくわ丼を紹介するまとめ

え?ちくわがご飯の進む丼物に!?ちくわ丼

なんてのも作って楽しんでおりますので、
よろしければあわせてご覧になってみてください。
意外と奥の深いちくわ丼の世界に触れてみることができるかと思います。

こうちゃん

魚介のうまさを堪能!海鮮丼

こんばんは、こうちゃんです。

海鮮好き日本人好みのおいしい丼物、海鮮丼です。

必ず、とまでは言いませんが(生もの苦手な人もいますし)、多くの人が好み、具材次第でいくらでも豪華に作れるすばらしい丼物、海鮮丼のご紹介をば。

海鮮丼(かいせんどん)とは、白飯の上に魚介類の刺身などを盛りつけた丼物料理。
戦後に誕生した料理で、北海道、東北など北日本から全国に広まった。江戸前のちらし寿司から派生したものという説もある。
江戸前寿司におけるちらし寿司は、酢飯に握り寿司用の種を飾り乗せした料理であるが、海鮮丼は一般に酢を加えない温かい白飯を台とする。ただし酢飯を用いたものを海鮮丼と呼ぶこともあり、両者の区別は曖昧である。
また寿司屋ではなく海産物中心の食堂や海鮮料理店で出される料理であるため、ちらし寿司とは異なり寿司屋独特の仕事を施した種は用いられない。よく使用されるのはマグロ、ホタテ、サーモン、イカ、エビ、タコ、カニ、イクラ、ウニなどの北日本で水揚げされる魚介類の刺身である。
参考:wikipedia

家庭ではなかなか作りませんが、刺身を出す居酒屋さんのメニューであったり、
夜の宣伝のために海鮮自慢のお店がランチで出していたりして、
魚介好きの人の舌をうならせてくれるすばらしいメニューです。

北海道などの魚介のおいしい観光地では、ウニやいくらをふんだんに乗せて高級にしたものもあれば、
シンプルめに作り500円のワンコインランチで売りにしている場所などもあり、
幅広くみられるおいしい丼物です。

しっかり盛られたお刺身などは買っても高いですが、スーパーなどで割と安く売っている、各種お魚の切り身やサクを買って、自分で薄切りにして丼に並べて作れば、家庭で作れる丼ものとしては割とお安くも作れますので、自炊で楽しめる丼もののひとつでもあります。

魚介好きの方はぜひお試しくださいませ。

こうちゃん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: